読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moviefan’s blog

た、ただの映画アニメ好きです。

【映画】川の底からこんにちは【あらすじと考察・ネタバレあり】

【映画】川の底からこんにちは

 


第19回PFFスカラシップ作品 映画『川の底からこんにちは』予告編

 

あらすじ

OLの木村佐和子は高校時代に駆け落ち同然で上京したが、

仕事にも打ち込めず、妥協した生活に慣れきっていた。

自分は中の下の女ということを認めていて、付き合っている男(健一)が

バツイチ子持ちのダメ男であることも自分が中の女だからと諦めていた。

そんなある日、健一が会社を勝手に辞め、佐和子の実家のしじみ加工会社を一緒に継ごうと言い出す。

佐和子は5年前に駆け落ちしそれ以降帰ってなかったこともあって反対だったが

結局押し切られ実家へ帰ることに。

しじみの加工会社で働くことになったが、周囲の人間からは疎まれ陰口を叩かれ冷遇される日々。

佐和子はある日、開き直って真正面から闘う決意をする。

 

視聴した感想と考察(ネタバレあり)

最近、huluの無料視聴期間を利用して観た作品です。

 

特に期待せずに観た作品だったのですが、かなり僕には刺さりました。

 

人間関係で悩みを抱える全ての人に観ていただきたい作品になってます。

 

主人公の「まあーしょうがないっか」っていう口癖

これが、主人公の行動基準の根幹になっています。

 

そして妥協した選択を繰り返すうちに、精神的に逃げ道のない状況に追い込まれていきます。

 

追い込まれた佐和子はどうしたか、

世間体、プライド、そういったもの全てを周囲の人間に曝け出します。

 

これには、誰しもがそうできたらと願いはするものの、とてつもない勇気が必要とされる行為です。

 

それを佐和子は堂々と恥の全てを認め、周囲の人間にも自分の存在を認めさせます。

 

というよりも、その勇気、覚悟に人は惹かれるのでしょう。

 

僕はここにとてもこの映画の良さ、素晴らしさを見出しました。

 

しかも普通に演出していたら暗い映画にしかなり得ないところを

コメディタッチで描くことで、笑いあり、涙ありの、緩急のある作品に仕上がっていると思います。

 

そして主人公が発案して作ったこの社歌、最高です。


川の底からこんにちは/木村水産 社歌

 

まー、あとは主人公と付き合っているバツイチ男がダメ過ぎてイラつくってところですかね。。

 

でも確かに真面目が取り柄な男よりもこういうバツイチ男のほうが全然女に困らないんですよね。。その辺もリアルかも。

 

そしてこの映画を観たことで一層、主人公を演じる満島ひかりさんが大好きになってしまいました笑

 

ちなみにこの作品の監督と結婚しちゃったみたいです、もう離婚したみたいですが。。。汗

 

川の底からこんにちは [DVD]

川の底からこんにちは [DVD]