読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

moviefan’s blog

た、ただの映画アニメ好きです。

【映画】「7つの贈り物」を観た感想【あらすじ・ネタバレ】

 


7つの贈り物 - 予告編

huluの無料視聴期間を利用して観た作品です。

 

 

 

あらすじ

『7つの贈り物』は、2008年アメリカ合衆国で製作、公開された映画。

監督:ガブリエレ・ムッチーノ

ウィル・スミス演じるトーマスは過去の事故から胸に深い悲しみを抱えて暮らしていた。

病気で苦しんでいた弟に、肺を提供したことをきっかけに臓器提供する人を探し始める。

そしてジュニア・ホッケー・チームのコーチをするジョージに腎臓を提供し、骨髄を男の子のニコラスに提供する。

 

彼は孤児院でお世話になったホリーに「助けが必要なのに求めない人はいないか?」とたずねる。ホリーは彼氏から日々暴力的な被害を受けているコニー・テポスを紹介する。彼はコニーと2人の子供を自分の海岸増沿いの豪邸によび、家の鍵をあげた。

 

彼は弟の資格証明書を盗んで、弟の名前であるベンと名乗り、歳入庁のデーターベースを利用することでドナー提供するにふさわしい最後の2人を探す。1人目は盲目でピアノを弾くセールスマンのエズラ・ターナー

彼は怒りやすいかどうか調べるためエズラ・ターナーに電話し目の見えないことを侮辱することで、わざと怒らようとしたが、エズラは怒ることなく穏やかだった。

またエズラ自身の生活も堅実かつ穏やかなものであり、トーマスはエズラにドナーを提供しようと決めた。

次に彼は、印刷業を営み、心臓病を患っているエミリー・ポサと会う。彼は彼女と過ごしている間に庭の草刈りをしたり、草原にエミリーの飼っている犬を連れてデートをしたり、壊れてしまった印刷機を直したりする。

そうしている内に互いに惹かれ合って恋をする。そして、ドナーするため心臓を提供しようと決める。

 

彼の弟が自分の歳入庁のIDカードを取り返し事情を聞くためにエミリーの家に来る。

トーマスの車でエミリーの家から出てくるのを待つと言う弟を待たせるがトーマスはエミリーの家の裏から逃げ出す。

その後、泊まっているモーテルに帰るが、、

 

 

f:id:TYfieldreport:20160507183512j:plain

視聴した感想(ネタバレ含む)

シリアスな役も演じることのできるウィル・スミスがこの作品でも、

過去の事故に罪悪感を感じ、鬱屈した生活をしているトーマスを上手く演じきっているという印象ですね。

 

ただ、善人でなければ助けない!という姿勢がなぜか上から目線になってしまっているんですよね。

 

確かに、臓器を提供するなら、善き人に提供したいというのは理解できるのですが、

テストするというのがね。

 

私自信が逆の立場になったらどうするだろうか、と考えずに入られない作品ですね。

 

現実的に考えると、適正を先に検査しておかないと拒絶反応も出る可能性が高く、

助けるどころか、死に直結してしまうというリスクも十分に考えられますね。

 

まあ、映画なんでそんなことにはなりませんが。

 

最後にいい感じの関係になっていた女性、エミリーに心臓を提供するために命を投げ出します。

 

エミリーの変化がすごい

手術前↓

f:id:TYfieldreport:20160507185421j:plain

手術後↓

f:id:TYfieldreport:20160507185528j:plain

 

いや、変わりすぎでしょ!メイクの力ってすごい!そして美人!

 

ちなみにエミリー役はロザリオ・ドーソンです。

 

あと1個、疑問に思ったのですが、あんな事故を自分の責任で起こしてしまったら、車の運転は二度としなくなるものかなって、思ったのですが、バンバン乗ってますね(笑)

 

自己犠牲の精神は世界共通で尊ばれるものなんでしょうね。

ちょっと穿った見方もしてしまいましたが、ちゃんとホロリと涙してしまいました(恥)

 

まだ観ていない方は是非!

 

7つの贈り物 MPD [Blu-ray]

7つの贈り物 MPD [Blu-ray]

 

 

7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]

7つの贈り物 コレクターズ・エディション [DVD]